はじめて喪主になるあなたへ。失敗しないお葬式準備の基本!

お葬式準備、もう始めていますか?

「そろそろ準備しておかないと」と心のどこかで感じていても、悲しい気持ちや色々な事情から、つい目を背けてしまいがちな お見送りの準備。

はじめての喪主は、わからないことが山ほどあるなかで、たくさんの選択を迫られます。心を込めて大切な人を見送るためには、目を背けて先延ばしにせず、生前から早めに準備をしておくことがとても大切です。

ここでは、後悔の残るお葬式にしないために、はじめて喪主になる人が今すぐ準備しておくべきことをご紹介します。

まずは今できることから始めてみてください。

 

喪主は誰がつとめる?

お葬式の準備は、まず家族の中で誰が喪主をつとめるかを決めることから始まります。

実は特別な決まりはないのですが、故人の配偶者、長男、長女が喪主になることが一般的です。

少しだけ難しい言葉を使うと、祭祀(さいし)継承者、つまりお墓を今後守っていく人が喪主にふさわしいとされています。

 

葬儀準備はいつから始める?

葬儀準備は、生前から早めにはじめましょう。

体調が心配になったから、70代になり高齢になったから など、葬儀準備をはじめるきっかけは人それぞれですが、お見送りの準備は、遅くなればなるほど不利になってしまいます。

どんな風に送ってあげたいか冷静に考える時間、信頼できる葬儀社を探す時間、決めた葬儀社に詳細を相談する時間が圧倒的に少ないからです。

おそらくこれを読んでいらっしゃるあなたは「もうそろそろ準備をしておいたほうがいいのでは」と感じているはずです。

費用も内容も納得の葬儀でお見送りをするためには、早いに越したことはありません。今すぐできる準備から始めましょう。

 

生前相談が必須の理由

「まだ生きているうちから葬儀の相談をするなんて、縁起でもない!」という気持ちも、たしかによくわかります。あなたが生前相談の大切さを理解していても、親族の誰かからそう思われることがあるかもしれません。

でも、誰しもいずれは訪れる旅立ちですから、大切な人を心込めて見送るために、できる準備は生前から整えておくことがとても大切なのです。

実際に、何も準備をしていなかったばかりに、後悔してもしきれない葬儀になったという喪主の方の体験談は数え切れないほどあります。

葬儀の失敗談
  • 本人が望む形で見送ることができなかった
  • 信頼できる葬儀社に出会えず、事務的に葬儀を進行された
  • 費用が高額になって、家族の負担になった
  • 病院から紹介された葬儀社にお願いしたら、費用は高額、品質も良くなかった

こういった失敗は全て、時間に余裕を持って葬儀社に相談しておくことで防ぐことができます。

ちなみに現在では、葬儀社に生前相談や事前相談をする人は全体の7割以上と言われています。

本人のため、家族のため、後悔しない葬儀にするために、必ず生前から葬儀社に相談をしておきましょう。

→ 必ず検討しておきたい葬儀社ランキングはこちら

生前のうちに喪主が決めておくことは?

危篤や逝去されたら、すぐに葬儀社へ連絡が必要になります。例えば病院で亡くなった場合、病院で安置してくれるのはほんの数時間ほど。すぐに病院から安置先へ移動しなければなりません。
悲しみに暮れている時間もなく、喪主は次から次へと葬儀準備や判断に追われることになります。

どうしても冷静な判断が難しい状況ですから、生前のうちに決められることは決めておきましょう。

葬儀社を決める

2〜5社の葬儀社の資料や見積もりを取り寄せて、比較します。良さそうだと感じた葬儀社には生前相談(電話か対面相談)をして、信頼して任せられる葬儀社を決めておきます。

宗教を決める

見送る方の宗教を確認し、仏式や神式・無宗教式など、どの形式で葬儀を行うかを決めておきます。

葬儀の規模を決める

参列する人の人数を考え、どの規模で葬儀を行うかを決めます。
家族葬(30名程度)、一般葬(50〜100名程度)、社葬(100〜200名以上)などがあります。

斎場を決める

希望の斎場を葬儀社と相談して決めておきます。自宅から近い斎場、使用料が安い斎場、参列者がアクセスしやすい斎場など、要望に合った斎場を葬儀社に探してもらい、決めるようにしましょう。

安置場所を決める

自宅か、自宅に連れて帰れない場合は安置設備のある施設に安置します。
病院などで亡くなった場合、すぐに安置場所へ搬送してもらう必要があるため、生前から決めておきます。

臨終に立ち会ってもらいたい人を決める

本人が最後に会っておきたいと思う親しい人や家族を決めておき、すぐに連絡ができるようにしておきます。

 

お葬式準備、まず初めにすることは?

現在の状況や体調の心配度別に、今しておくべき葬式準備をご紹介します。状況に合わせて、必要な準備を始めましょう。

通院中・高齢など、お見送り準備を意識しはじめたとき

まずは、葬儀をする予定の地域で評判の葬儀社のうち、2〜5社に資料請求をしましょう。

届いた資料を確認し、葬儀プランの内容、費用、使用できる斎場、対応の丁寧さを比較します。

その中から良さそうな葬儀社を2社ほどに絞り、電話相談や対面相談をしておきます。

→ 口コミや評判の良い葬儀社ランキングはこちら

入院中など、体調が心配な状況なら

まずは、葬儀をする予定の地域で評判の葬儀社のうち、2〜5社に資料請求をします。

届いた資料を確認し、信頼できそうな葬儀社に電話相談をします。

できれば対面相談もしておくと、ささいな疑問も解消でき、葬儀社の信頼度もよくわかるのでおすすめです。対面相談は、近くのファミリーレストランや喫茶店、病院などに葬儀社の担当者に来てもらい相談することができます。

→ 口コミや評判の良い葬儀社ランキングはこちら

余命宣告された・危篤など、お急ぎなら

資料を郵送してもらい、複数の葬儀社をじっくり比べる時間はありません。

そのため、葬儀をする予定の地域で評判の葬儀社のうち、少なくとも2〜3社に無料の電話相談をします。

迅速に対応してくれる葬儀社の場合、当日のうちに病院や自宅まで資料を届けてくれたり、対面で詳しい相談をすることができます。

電話や対面相談で、葬儀プランの内容・費用・その葬儀社が信頼できるかを判断し、安心して任せられる1社を選びます。

必ず検討しておきたい葬儀社ランキングはこちら

 

逝去など、緊急を要する状況なら

すぐに葬儀社に電話をしてください。

病院から紹介される葬儀社は、葬儀費用が高額になる傾向があるのでおすすめしません。

何社も比較できる時間はないので、すぐに迎えに来てくれて誠実な葬儀社に連絡をします。

口コミや満足度が非常に高く、迅速に対応してくれる安心の葬儀専門会社はこちらでご紹介しています。

お急ぎでも対応可能の葬儀専門会社はこちら

 

はじめての葬儀社選び、何を見て判断する?

はじめて喪主として準備をするにあたり、こんな点を見て葬儀社を選ぶと失敗しません。

こんな葬儀社は安心!

  • 他社との比較を快く勧める葬儀社は誠実
  • 葬儀専門会社
  • 見積もりの内訳が詳細までかかれている
  • 葬儀プランのアレンジができる
  • スタッフが話をよく聞いてくれ、アドバイスや提案をしてくれる
  • 資料の到着が迅速、資料が丁寧にまとめられている

 

こんな葬儀社は要注意!

  • 格安をアピールしている葬儀社は、追加料金で高額になりやすい
  • 葬儀仲介会社は、施行を別の葬儀社へ委託しているので注意
  • 見積もりの内訳が詳しく書かれていない
  • 「追加費用ゼロ」と書かれていても、実際は追加料金が発生することがある
  • 資料の到着が遅い、宛名の字が汚い

 

事前相談には誰が行く?

事前相談・生前相談といった、対面で葬儀社と相談する際には、喪主となる人だけで臨む必要はありません。

忙しい方は仕事帰りや、介護、入院のお世話の合間を使い、喪主となる方ひとりで事前相談をする場合もありますが、喪主夫婦で出席することももちろん可能です。

自宅に葬儀社の担当者を招き、近しい家族数名で葬儀について相談する場合もあります。

はじめての喪主でも失敗しない究極の方法3つ

最後に、はじめての喪主は心配事もたくさんありますが、この3つのポイントをおさえておけば安心です。

これだけおさえれば安心のポイント3つ

  1. 生前から早めに準備をはじめる
  2. 大切な人を心を込めて見送りたいという気持ち
  3. 心から信頼できる葬儀社を見つける

はじめての喪主をつとめる場合はとくに、生前から早め早めにお見送りの準備をはじめることが大切とご紹介しました。

そして、「心から信頼できる葬儀社」に出会うことができれば、葬儀に失敗することは無いと言っていいでしょう。

ご紹介したとおり、斎場や葬儀の規模を決めたり、葬儀後の手続きなど、喪主がやるべきことは山のようにありますが、誠実な葬儀社に依頼すれば力強くサポートしてくれるので、あまり心配する必要はありません。葬儀のマナーやしきたりを教えてくれ、当日も有能な担当者が葬儀の流れに合わせて誘導してくれるので、余計な不安もなくお別れに専念することができます。

あとは一番大切な、心を込めて見送りたいという気持ちがあれば、「良い式だったね」と参列者に言ってもらえるようなお葬式ができるでしょう。

信頼できる葬儀社に出会えるかどうかがとても重要なので、こちらの葬儀社ランキングも参考に、今すぐ葬儀社選びを始めてみてください。

おすすめ葬儀社ランキング |初めてでも失敗しない人気の葬儀社3選

2016年11月26日

おすすめ葬儀社




NHKガイアの夜明けで紹介
お葬式のむすびす
(旧・葬儀社アーバンフューネス)

葬儀の専門会社ならではの、丁寧で親身な対応が評判。
はじめてのお葬式にもおすすめ。