【体験談】さがみ典礼に電話で無料相談・見積もり依頼してみた

以前からCMで気になっていた葬儀社「さがみ典礼」に、電話で無料相談・見積もりを依頼してみました。

管理人 ユウ

さがみ典礼の評判が気になっている方も多いのではないでしょうか。
今回は、私の体験談を紹介させていただきます!

さがみ典礼って、こんな葬儀社です

さがみ典礼は名前だけでも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
地域によっては、加藤茶さんの出演するCMもよく目にします。

さがみ典礼で葬儀ができるエリア

さがみ典礼は埼玉・栃木・福島を中心に展開している葬儀社です。
自社斎場のある地域は、下記の通り。

さがみ典礼で葬儀ができるエリア

埼玉・福島・栃木・茨城・岩手・山形・静岡・長野・島根

例えば、関東で言えば東京都・神奈川県・千葉県などは対応エリア外。さがみ典礼では葬儀ができません。

東京・神奈川・埼玉・千葉エリアの方は、こちらの葬儀社ランキングをご覧ください。

おすすめ葬儀社ランキング |初めてでも失敗しない人気の葬儀社3選

2016年11月26日

 

互助会制度の葬儀社

さがみ典礼は、通常の葬儀社とは違って、「互助会」という制度を取り入れている葬儀社です。

互助会とは、生前から会員となっておき、月々の積み立て金を支払っておくことで、割引サービスを受けることができるという制度。もし途中で互助会を退会するときには、解約手数料がかかります。

さがみ典礼の良い評判・悪い評判は

対応エリア内にお住まいの方へ、さがみ典礼の評判を少しご紹介しておきます。
さがみ典礼でお葬式を行った方や、互助会の会員となった方の口コミを調べてみると、良い口コミも悪い口コミも見られます。

さがみ典礼の良い評判でよく見られるのは、自社斎場が綺麗で良かったという口コミ。

反対に、さがみ典礼の悪い評判としては、葬儀費用が高いという口コミが目立ちます。
「互助会に入れば安くなると言われたのに、結局葬儀費用が高くついた」という口コミも見られます。

そのほか詳しい評判は、こちらの記事でご紹介していますので参考にしてください。

さがみ典礼の評判は?実際に葬儀をした人の口コミを検証!

2018年8月6日

 

さがみ典礼に無料相談・見積り請求してみました

管理人 ユウ

実際に、電話で無料相談と見積もり書を依頼してみました!

リアルな体験談を、少しでも参考にしていただければと思います。

さがみ典礼へ電話相談をしてみた

さがみ典礼の電話相談窓口へ、わからないことの相談と、無料見積もり書の請求をしました。

電話をかけて相談してみた印象ですが、しっかり受け答えしてくれて、押し売りもされませんでした。
女性の方で、少し早口の説明ではありましたが、質問にしっかり答えてくださいましたよ。

私が質問したこと

とくに、さがみ典礼の特徴である互助会制度についてはわからないところが多かったので、色々と質問させていただきました。

Q.互助会には、絶対に入らないといけないんでしょうか?
A.いえ、入らなくても通常価格でご葬儀はできますよ

互助会の会員にならなくても、さがみ典礼で葬儀は可能とのことです。
でも、互助会に入ると会員価格として大幅割引されます。つまり、互助会に入らないと割引ナシです。
安い価格でお葬式を探している方は、あえてさがみ典礼を選ぶ魅力は半減と言えますね。

Q.互助会に入ったら、葬儀のときに費用はかからないんでしょうか?
A.互助会に入っていても、斎場費用や、火葬、お料理、返礼品など、別途費用が必要です

互助会の会員になると、積み立て金を生前から支払っていくことになりますが、その金額だけで葬儀はできません。全額を完納したとしても、お葬式をする際には別途費用が必要です。
あらかじめ積立てしておくことで、お葬式で一度に支払う負担を軽くするというイメージですね。

Q.会員になると、何が割引されるんですか?
A.自社斎場、基本料金、祭壇費用が割引されます

さがみ典礼の互助会会員が割引してもらえるのは、斎場・基本料金・祭壇費用のみ。その他の費用は会員でない方と同じ料金がかかります。

Q.会員になって、葬儀費用の他にお得なことはあるんですか?
A.一部の施設で多少の割引サービスが受けられることがあります

失礼を承知で、直球で疑問をぶつけてみました。というのも、ここまで聞いて、互助会の魅力があまり感じられなかったからです・・・。
葬儀以外では、さがみ典礼と関係のある一部の施設で多少の割引サービスがあるといった特典もあるとのこと。
ただ、この特典ついてはスタッフの方ご自身もそれほどお得という話しぶりではありませんでした。(苦笑)

さがみ典礼の互助会に入ってお得なことと言えば、葬儀費用(斎場・基本料金・祭壇費用)の割引が受けられることのみと割り切って考えておくほうが良いかもしれません。

Q.自社斎場の無いエリアでも、葬儀はできるんでしょうか?
A.できません。他の葬儀社にお願いするしかないですね。

さがみ典礼は、自社斎場がないエリアではお葬式ができません。
例えば、東京・神奈川・千葉県などは人口も多く、気になるという方もいらっしゃると思いますが、さがみ典礼の自社斎場がないため葬儀ができないので、まったく別の葬儀社を検討することが必要です。
さがみ典礼が提携業者に委託して葬儀をする・・という対応もしていないようですので、対応エリア外の方は他の葬儀社から選んでくださいね。

無料見積り書をお願いしました

他の葬儀社とも検討中とお伝えしたうえで、無料見積もり書の作成を依頼しました。

私は現時点では家族葬を検討しているのですが、まだ葬儀にお呼びする人数は決まっていません。そのため、例えば15名ほどのお葬式をした場合の見積書をお願いしました。
他社ともまだ検討中ということを正直に伝えても、快く見積書を送っていただけることになりましたよ。

さがみ典礼に電話相談してみた感想

今回、さがみ典礼に電話相談してみた感想を一言で表すなら、こんな感じです。

「質問にはしっかり答えてくれるけど、お葬式の基本知識を知っていないとちょっと気まずいかも」

電話相談では、疑問に思っていることをひとおおり相談できました。
私の質問に対して、「たとえばこんな方法がありますよ」と提案もしてくれる場面もありました。

でも少しだけ、「そんな基本的なことも知らなかったのね」というような印象を受け(言われてはいませんよ、そう感じただけです)「えー、相談しちゃマズかったかな??」と感じてしまった場面もありました。

でも、終始しっかり対応していただけましたよ。ありがとうございました。

ちなみに、通話していた時間は15分ほどでした。

 

【私の場合】互助会ではない葬儀社を選ぶかも・・・

今回、とくに気になっていたさがみ典礼の互助会制度のことも相談してみました。
現時点での印象ですが、やはり互助会制度の葬儀社は、私にとってはあまり魅力的に感じませんでした。

「生前からコツコツ支払っておいて、もしものときの支出の負担を減らす」というのは良く聞こえます。でも、最終的な支払い金額を考えると、他の葬儀社と比べて安くなるというわけではありません。
さがみ典礼だからこれができる!というサービスのメリットの紹介もありませんでしたし、メリットが少ないような気がするんですよね・・。

とは言え、見積もり書や詳しいパンフレットを見れば、メリットも見えてくるかも・・・?
内容や費用については、見積もり書の到着を待ってレビューしてみたいと思います!

 

さがみ典礼の資料・見積もり書レビュー

さがみ典礼のパンフレット・見積もり書が届きました!

電話で見積もり書を依頼してから、2日ほどで到着。スムーズに受け取ることができました。

さがみ典礼のロゴが入った封筒で届きました。
封筒は比較的薄めの紙質ですが、破れもなく綺麗に受け取りました。(他社で、封筒が破れて届いた経験あり)

さがみ典礼の資料請求の中身

入っていた資料は、以下の通り。
その中でも、とくに重要な資料について、順番に感想をご紹介していきます。

さがみ典礼の資料の中身
  • 葬儀の流れパンフレット
  • 自社斎場のパンフレット
  • 対面相談までに決めておくことリスト
  • チラシ
  • エンディングノート、マナーブック など
  • 葬儀の流れパンフレット

葬儀の流れのパンフレットには、逝去から葬儀後までの一般的な流れが書かれています。
くわしい価格などは書かれていません。

  • 自社斎場のパンフレット

自社斎場の一覧と、その中でも近隣にある斎場の簡単なパンフレットが入っていました。
パンフレットとはいっても、冊子ではなく見開き1枚の簡単なものですが、写真が多いので雰囲気がわかりやすいですね。

  • 会社パンフレットは無し!

今回、さがみ典礼の会社そのものを紹介するようなパンフレットは入っていませんでした。
会社紹介のパンフレットは、どんな想いをもってお葬式を行っているのか社風や信頼度などがわかる資料。必ずチェックしたい資料なのですが、さがみ典礼の見積もり請求では用意されていないようです。
また、互助会の資料も入っていませんでした。

さがみ典礼の見積もり書はけっこうシンプル

無料見積もり書は、A4用紙3枚にまとめられていて、かなりシンプルな印象。
1枚目は見積りの合計金額。その明細(内訳)は別の用紙に書かれています。

まず1枚目。合計金額はハッキリと書かれていてわかりやすいですね。
この金額に何が含まれているのか、明細(内訳)も見ていきます。

注目!
実は、この合計金額には、必要なものが含まれていませんでした。
内訳を見ていくと、実際にはこの合計金額の他にもお金がかかることがわかったんです。
くわしくは後ほどご紹介しますね。

見積もり書の明細
見積もり書の明細の内容を見ていきます。

やはりけっこうシンプルですね。
品名とその説明が簡単に書かれていますが、シンプルすぎてイメージが湧きづらい方も多いと思われます。
また、追加料金はどんなときに、いくらかかるのか等も書かれていません

例えば、「祭壇」とありますが、それ以上のくわしい説明はありません。
他の葬儀社では、「白木祭壇2段」「花祭壇」といった説明が書かれていたり、パンフレットには祭壇の種類と価格が載っているケースもよく見かけます。

詳しい説明や写真があれば、なんとなくこんな祭壇なんだな、とイメージがわくのですが、「祭壇」だけではよくわかりません。
とくに祭壇は、葬儀費用の中でも大きな割合を占めるものなので、しっかり確認しておきたいところ。少し不安が残ります。

実は、合計金額の他にも費用がかかります

先ほどお伝えしていたとおり、大きく書かれている見積もり合計金額の他に、実際は必要になる金額があります。

見積もり書をよく見ると、「その他諸経費」という欄が。
生花・返礼品・料理などがご注文分必要だと記載されています。


合計金額に含まれていない、この諸経費。金額も詳しい説明も書かれていません。

料理や返礼品の金額が含まれていない
お葬式で用意する料理や返礼品は、参列者の人数によって変わってきます。
15名でお葬式をした場合の見積もり書をお願いしていたのですが、合計金額には人数分の費用が含まれていません。
どんな料理や返礼品を用意するかによっても異なりますが、一人あたりに必要な金額の目安だけでも書かれていれば、×15名と計算しておおよその金額がわかるのですが・・・。

葬儀社によっては、今回のように参列者の料理や返礼品の金額を含めていない見積もり書が届きます。
見積もり書の総額を見るだけでは、実際にかかる目安はわからない、代表的な例ですね。
そういった葬儀社も経験してきたからこそ、あえて人数をお伝えして見積もり書をお願いしていたので残念です。

料理や返礼品など、この諸経費の欄に書かれているものは合計金額に含まれていないわけですから、
「見積もり合計金額=実際にかかる金額」と思い込んでしまっていたら、後になって追加料金にびっくりすることにもなりそうです。

見積もり書が見づらい!

見積もり書の書式ですが、文字や表がけっこう読みにくいです。
なんというか、社内の見積もり書をコピーしてもらったようなイメージ。
コピーを繰り返したような印字で、ところどころ文字がかすれたり、にじんだりして読めません・・・。

表の罫線や文字がギザギザと波打っているのは、写真の画質が悪いのではなくて、実物がそうなんです笑。
文字も小さいですし、ハッキリ言って、お客さんに見せるための見積もり書には思えないなぁと感じました。

辛口評価になりましたが、見積もり書はかなり重要なポイントなので、しっかり見ておくことが大切だと考えています。
あとになって、見積もり書にコレが含まれていない、アレも追加料金がかかる・・・なんてことになったら、見積もり書の意味がありませんからね。

それに、お葬式に少なからず不安がある私たちが見やすく、わかりやすくまとめてあげよう!という姿勢を感じる葬儀社のほうが、やっぱり誠実さを感じますし、信頼できます。

 

資料到着後にも電話相談しました

資料を受け取ってから数日後、さがみ典礼からお電話をいただきました。

資料が無事届いたか、内容に不明な点が無かったかの確認です。さがみ典礼に限らず、葬儀社に資料請求すると、こんなふうに発送後に1度だけ電話がかかってくることがあります。

参列者の人数によって、結局いくら追加になるの?

見積もり合計金額に含まれていなかった、参列者の料理や返礼品の金額。
どんな料理や返礼品を用意するかによっても金額が変わるのは承知ですが、おおよそどのくらいを目安に考えておけば良いのかわからなかったため、質問してみました。

ひとつの目安としては、1名1日あたり4000円〜5000円ほど。例えば、1日葬なら参列者一人あたり5000円、2日間の葬儀であれば一人あたり10000円ほどを目安に考えておくと良いと思います、とのことでした。

とても参考になったのですが、こちらから質問してみなければ教えてくださらなかったこと。
ひとりあたり1万円×15名なら15万円かかるわけですから、見積もり書に書かれている合計金額と比べて、かなり金額が変わってきますよね。
あらかじめ人数をお伝えしていたのにも関わらず、見積もり書にその旨が書かれていなかったのはやはりちょっと残念に思いました。

 

さがみ典礼の無料相談・見積り請求してみた感想

電話対応がテキパキしていたのは、さすが有名葬儀社という印象。電話相談では、とても丁寧な説明で対応していただけました。

一方で、CMも放送されていて認知度も高いわりに、届いた資料は少し残念な印象を受けました。

互助会制度の葬儀社を探している方は、さがみ典礼も候補として比較検討してみても良いと思います。自社斎場の評判も良いですしね。

管理人 ユウ
ただ、届いた資料や電話窓口の方からの説明だけでは、情報不足のように感じました。まかせっきりでは後になって「あれ?」ということになりそう・・・。
細かいところまで何度も確認してみることをおすすめします。

葬儀費用が気になるという方にとっては、さがみ典礼を選ぶメリットは、現時点ではあまり感じませんでした。
評判の良い葬儀社に任せたいと思っている方も、他の葬儀社からも資料を取り寄せて、各社を比較検討してみることをおすすめします。

評判の良い葬儀社ランキングはこちらでご紹介していますので、参考になさってください。

おすすめ葬儀社ランキング |初めてでも失敗しない人気の葬儀社3選

2016年11月26日

 


おすすめ葬儀社




NHKガイアの夜明けで紹介
お葬式のむすびす
(旧・葬儀社アーバンフューネス)

葬儀の専門会社ならではの、丁寧で親身な対応が評判。
はじめてのお葬式にもおすすめ。