良い葬儀屋さんって、どう選べばいいの?

ee542e82075f8044f0b27c1c24eeec3c_m-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-4

葬儀屋さんって、どう選べばいいの?

「葬儀屋さんなんて、どこでも一緒でしょ?」

「お葬式って、かかる費用がよくわからないし不安・・」

あなたもそう思っていませんか?

管理人 ユウ
こんにちは!管理人のユウです。

お葬式で失敗しないためには、事前の準備が欠かせません。

その中でもとくに大切な準備のひとつ、「良い葬儀社を見つけるコツ」をご紹介したいと思います!

お急ぎの方へ

危篤・ご逝去でお急ぎの方は、今すぐ葬儀社へ相談が必要です。

 

これからお葬式準備を始める方で、お急ぎの場合はこちらからどうぞ。
評判の良い葬儀社や、葬儀社選びの手順へジャンプします。

葬儀社選びに失敗すると、体力、気力、お財布までもヘトヘトに・・・

良い葬儀社を見つけることは本当に大切なんです。

でも、葬儀社選びは一生のうちに何度も経験することもありませんし、どう選べば良いのかかわらない方がほとんどではないでしょうか。

葬儀社によって、お葬式の価格はもちろんのこと、プランの内容、どんなサービスを受けられるのか、品質も全く異なります。

しかも、宗教や地域によってしきたりが違ったり、ご家族の事情に合わせてお呼びする人や葬儀内容を決めたり・・・。
いざお葬式をするときに、ご家族が考えなくてはいけないことはたくさん。葬儀社に相談しながら、ひとつひとつ決めていくことが大切になります。

そのため、よく分からないまま安易に葬儀社を選んでしまうと、

「こんなはずじゃなかった」
「悲しんでいる余裕もなかった」
「追加費用がかかって支払いが大変なことに」

・・なんてことになりかねません。

実際、そんな後悔をしている方がたくさんいらっしゃいます。

管理人ユウ
格安料金や、CMで見かける有名な葬儀屋さんだからというだけで選ぶのはちょっと待って!

お葬式は大切な人を見送る大切な儀式です。

ここでご紹介する、費用も内容も後悔の残るお葬式にしないための、葬儀社選びの手順を参考にしてみてくださいね。

 

葬儀社選びは生前から始めるのが常識!

葬儀社選びは、生前からできるだけ早めに始めましょう。

急遽あわてて探した葬儀社や、病院紹介の葬儀社では、価格・内容ともに後悔の残る葬儀になることがあります。

危篤やご逝去などもしものときには、時間だけではなく心にも余裕がなくなります。そんな状況では、良い葬儀社・悪い葬儀社を、冷静に判断することが難しくなるのは当然ですよね。

管理人 ユウ

「まだ早いかも」と思うほど早めのうちからはじめるのが良いですよ。
葬儀社へ見積もり請求や生前相談をして、不安を解消しておきましょう。

生前のうちに安心して任せられる葬儀社を見つけておくと、もしものときにもむやみに焦ったり失敗するのを防ぐことができます。

「でも、生前からお葬式の準備をするなんて不謹慎なんじゃ・・・」

と感じる方も少なからずいらっしゃるかもしれませんが、最近では生前の準備が当たり前になっています。

例えば、終活やエンディングノート、生前葬といった言葉も耳にするようになりましたよね。そのように、ご自身で前向きに旅立ちの準備を進める方もいらっしゃるほどです。

実際、生前から相談する家族は全体の7割以上とも言われており、ほとんどのご家族が生前からお見送りの準備をしています。

 

 

よく選ばれている葬儀のスタイルは?

お葬式といえば、ひとむかし前は、故人にゆかりのあった方々が大勢参列するイメージがありましたが、ここ10年ほどで、身近な家族だけでゆっくりと故人を見送る葬儀が一般的になってきました。

その他にも、セレモニーを行わないもっとシンプルな葬儀を選ぶ家族もいらっしゃいます。
とは言え、昔から一般的な、大勢が参列するご葬儀を選ぶご家族もたくさんいらっしゃいますよ。

つまり、どんなお葬式をするか、選べる時代になったということですね。

ご家庭の事情費用交友関係地域のならわしなども考えたうえで、ご自身にいちばん合ったお葬式のスタイルを選びましょう。

ご家族の希望に合わせて、葬儀の形を自由に選べるようになったからこそ、どんな葬儀にしたいのかを事前に考えておく必要があります。

 

家族葬・一般葬それぞれにおすすめの葬儀社

葬儀にはいろんな形式があり、予算や家庭の事情に合わせて選ぶことができます。
あなたのご家族に合った葬儀の形はどれでしょうか?

お葬式の形ごとに、おすすめの葬儀社もご紹介します。

 〈一般葬〉

ご家族の他にも、友人、会社関係、ご近所で縁のあった方も参列します。
参列者の範囲を限定せずにお呼びするので、参列人数が多くなります。昔から一般的な葬儀の形です。

一般葬が評判の葬儀社ランキング

2017年9月28日
 〈家族葬〉

身近なご家族だけでゆっくりとお別れする、小規模なお葬式です。
現在はとても一般的な葬儀の形で、当日は参列者の対応に追われることもなく、ご家族であたたかく故人を見送ることができます。

家族葬が評判の葬儀社ランキング

2017年3月5日
 〈一日葬〉

お通夜を行わず、1日で葬儀を行います。2日間で行われる葬儀に比べ、体力と時間の負担が少ないのが特徴です。

一日葬が評判の葬儀社ランキング

2017年9月28日
 〈火葬式・直葬〉

通夜や告別式などの儀式を行わない、非常にシンプルなお見送りの形です。斎場を使わないことで、費用が抑えられる傾向にあります。
一方でデメリットも多く、慎重な判断が必要。個人的にはあまりおすすめしません。

火葬式・直葬が評判の葬儀社ランキング

2017年9月28日

 

葬儀の流れ 生前の準備から葬儀後まで

お葬式の準備から葬儀後までは、一般的にこのような流れで行います。

生前

  • 葬儀社選び
  • 葬儀社から見積もり書を取り寄せる
  • 葬儀社へ生前相談
  • 家族で話し合う

生前のうちに、葬儀社えらびをはじめます。パンフレットや無料見積もり書を取り寄せて比較してみましょう。
また、もしものときにはどのようなお見送りにするか、おおよそのイメージだけでもご家族で話し合っておくと安心です。

 

危篤

  • ご家族への連絡
  • 葬儀社探し(もしまだ決めていなければ)

容態が思わしくない状況になったら、ご家族を呼び寄せます。 ご家族と過ごす時間に専念できるように、あらかじめ葬儀社を決めておきます。

 

ご逝去・安置(逝去当日)

  • 決めておいた葬儀社へ連絡する
  • 葬儀内容の打ち合わせ

あらかじめ決めておいた葬儀社へ連絡し、迎えに来てもらいます。 ご安置したら、葬儀内容の細かな打ち合わせを行います。

 

お通夜(逝去2〜3日後)

  • お通夜

お通夜を行います。 お通夜・告別式の日程や斎場などは、葬儀社やお寺と相談して決めます。

 

告別式(逝去3〜4日後)

  • 告別式
  • 火葬
  • (初七日法要)

告別式を行います。
事前の打ち合わせをもとに、葬儀社の担当者に都度サポートしてもらいながら、式は進行していきます。 最後のお別れをして、荼毘に付されます。
最近では、同じ日に初七日法要を行うケースも一般的です。

 

葬儀後

  • 葬祭費、年金など各種手続き
  • 四十九日法要の準備

葬儀後も、いろいろな申請や手続が必要です。
期限が決まっているものも多いため、漏れのないよう注意しましょう。アフターサポートが整っている葬儀社を選ぶと安心です。

 

葬儀の一連の流れを見てお気づきかもしれませんが、葬儀社との関係は、生前から葬儀後までずっと続きます
 
葬儀当日はもちろんのこと、生前、葬儀の後もしっかりサポート体制が整っている葬儀社を選びましょう。
何かと専門的なことや迷うことが多いお葬式。
いつでも・なんでも相談しやすい社風の葬儀社を選ぶことも大切です。

 

お葬式で失敗しないために!葬儀社の選び方

お葬式で失敗しないための大切なポイントは、やはり葬儀社の選び方。

葬儀社選びのポイント
  • 生前から葬儀社探しをしておく(見積もり、電話相談など)
  • 葬儀費用や内容など、何でも相談できる葬儀社を選ぶ

葬儀で失敗した体験談を、本当にたくさん耳にします。
その中には、もっと時間に余裕をもって確認しておけば、生前の葬儀社選びの段階で防ぐことができたかもしれない・・・と悔やまれるケースもたくさんあります。

多くの方が体験している失敗談の一部をご紹介します。

葬儀費用が見積もり書よりも高額に膨れ上がった!

格安をアピールしている葬儀社の中には、見積もり書の金額に全ての項目が含まれていない場合があります。
その結果、思ってもいなかった追加料金を払うことになります。

誠実な葬儀社の場合は、どんなときにいくら追加料金が発生するのかわかりやすく記載されていますよ。

 

「追加料金不要」と記載があるのに、実際は追加料金が発生した

葬儀では、当日の参列者の人数によってどうしても料金が変動する場合があります。
例えば、予想よりも多くの方が参列した場合、その分の返礼品やお料理を用意することになり、追加料金が発生します。

どんなときにいくら追加料金がかかるのか、その条件をわかりやすく説明してくれるような誠実な葬儀社を選べば、トラブルを防げます。

 

必要な項目が基本プランに含まれておらず、オプションで追加するはめになった

同じ「家族葬プラン」でも、葬儀社によってその内容は異なります。
A社の家族葬プランが安いと思って選んだら、プランに含まれていないものが多く、結局追加料金を支払って内容を充実させないといけない。
一方で、高いと思っていたB社では、もともとプラン内容が充実していて何も追加する必要がないということも。

あらかじめ、A社とB社の内容をよく確認して比較おけば、気づけたかもしれません。比較検討するためには、時間の余裕も必要ですね。

 

葬儀の質が良くなかった・・・

こちらの要望が現場スタッフに伝わっておらず、お葬式当日に打ち合わせとは異なる対応をされたというのもよく聞く失敗談。
A社に葬儀を頼んだつもりが、実際に葬儀を行うのは委託された提携葬儀社のB社というケースも多々あります。
要望が伝わっていないばかりか、大切な故人のお体を雑に扱われたり。そんなの悲しいですよね。

後悔しないためにも、信頼できる葬儀社を見つけておきましょう。

評判の良いおすすめ葬儀社は、この下でご紹介しています。

 

おすすめの葬儀社、大手の葬儀社は?

評判の良いおすすめの葬儀社はこちらです。

葬儀社アーバンフューネス


NHKガイアの夜明けでも紹介された葬儀専門会社。
お葬式にかかる費用のこと、葬儀の内容など、生前相談にも丁寧に対応してくれます。お葬式がはじめての方は、とくに検討しておきたい葬儀社です。

 

その他にも人気の葬儀社をランキングにてご紹介しています。合わせて検討してみてください。

おすすめ葬儀社ランキング |初めてでも失敗しない人気の葬儀社3選

2016年11月26日
まずは資料請求からはじめましょう。スマートフォン、パソコンどちらからでも最短1分ほどの入力で無料取り寄せができます。

葬儀社選びの手順

葬儀社選びは、まず資料請求からはじめます。

はじめから1社に決めるのではなく、いくつかの葬儀社を比較すると違いがわかり、選びやすくなります。 3〜5社ほどから資料を取り寄せて比較し、最終的に理想の1社を決めましょう。

繰り返しになりますが、葬儀社選びをはじめるタイミングは生前です。
お体の容態が悪化してからでは焦って葬儀社探しをしなければいけなくなるので、時間に余裕を持って生前の早め早めからやっておくことが大切です。

生前にやっておく葬儀社選びの手順
  1. 複数の葬儀社から資料・見積もり書を取り寄せる(無料の資料請求)
  2. 届いたパンフレットや見積もり書を確認し、比較する
  3. 電話相談や対面相談をして、1社に決める
  4. おおまかな葬儀内容を相談しておく。葬儀社の会員になっておくと割引がある

葬儀社を決めて、おおよその葬儀内容を相談しておくところまでやっておけば、生前の葬儀社選びは完了です。

その後、残念ながらご家族が旅立たれた際には慌てずに、相談しておいた葬儀社へ連絡しましょう。
既におおよそのことは相談済みなので、悲しみの中でゼロから決める必要がありません。

生前に葬儀社選びをしておくと、精神的にも体力的にも、ご家族の負担が軽減できるのです。

葬儀社への資料請求の方法はこちらで解説しています。

【はじめて講座】無料で資料請求・見積もり請求をする方法!画像つき解説

2020年3月21日

 

葬儀社の選び方 まとめリンク

良い葬儀社を選ぶために必要な情報をまとめています。
気になる記事をクリックしてご覧ください!

失敗しない葬儀社の選び方 状況に合わせた葬儀社選び
地域から葬儀社を探す 葬儀形式から葬儀社を探す
葬儀の基礎知識 おすすめの葬儀社