斎場・葬儀場の空き情報を確認・予約する方法

「家から近い斎場でお葬式をしたい!」
「もしものときにはあの斎場で葬儀をしたいけれど、どうすれば予約できるんだろう?」

斎場さがしを始めたばかりの方、始めようと思っている方のために、斎場・葬儀場の空き情報を確認する方法、予約をする方法をご紹介します。

 

斎場・葬儀場は葬儀社を通して予約する

通常、斎場や葬儀場は、葬儀社を通して予約します。

喪主となる方は、直接その斎場へ連絡するのではなく、葬儀社へ連絡して予約の手続きを行います。
空き状況の確認をしたいときも同様に、喪主となる方は葬儀社に連絡して、斎場の空き状況を確認してもらいます。

 

斎場の空き状況を確認する・予約する方法

斎場は、いつから検討し始めて、いつ予約をするべきなのでしょうか。その手順をご紹介します。

1.生前に葬儀社へ相談する

生前のうちに葬儀社へ相談し、斎場探しをしておきます。
郵送での資料請求もできますが、疑問や質問にすぐに答えてもらえる電話での相談がおすすめです。

はじめて斎場探しをする方
希望の条件を伝えて、斎場をいくつか提案してもらいましょう。
例えば、自宅から近い斎場、使用料金の安い斎場、新しくてキレイな斎場など、ご家族の希望を伝えます。

希望の斎場が決まっている方
「○○駅の近くにある○○斎場を使いたい!」と、すでに特定の斎場が決まっている方は、葬儀社に連絡してその斎場が使用できるかを確認しておきます。設備や使用料金もチェックしておきましょう。

斎場を予約するときのポイント

あらかじめ斎場を決めておくと、もしものときにはすぐに予約をおさえることができます。人気の斎場はアレコレと迷っている間に予約が埋まってしまうこともあるので、必ず生前のうちに斎場選びをしておきましょう。

 

2.ご逝去後、ただちに斎場をおさえる

残念ながらご臨終を迎えたら、ご家族はすみやかに葬儀社へ電話連絡します。生前のうちに決めておいた斎場の、最新の空き状況を確認してもらいましょう。

ご逝去から葬儀までの日数は、2〜3日が目安。ご家族、宗教者(お坊さんなど)のご都合、六曜、火葬場の空き状況にもよりますが、希望の日が空いていれば斎場の予約をしてもらいます。

 

3.斎場が空いていなかったら

希望の斎場が空いておらず予約が取れないときは、日にちをずらすか、他の斎場を検討します。

日にちを先に伸ばすとご安置する日数も長くなるため、安置施設の使用料金がかさんだり、追加のドライアイス費用がかかることがあります。
他の斎場を検討するときは、似た条件の斎場を葬儀社に紹介してもらいましょう。葬儀社によって利用できる斎場の数が異なるので、提携している斎場の数が多い葬儀社をあらかじめ選んでおくと安心です。

 

地域別!斎場の相談・予約ができるおすすめ葬儀社

お住まいの地域で、斎場の空き状況の確認、相談、予約ができるおすすめ葬儀社はこちらです。

いずれも電話相談や資料請求が無料。斎場について、生前のうちに相談しておきましょう。

 

お葬式のむすびす(旧・葬儀社アーバンフューネス)


NHKガイアの夜明けでも紹介された葬儀の専門会社。首都圏でのご葬儀におすすめ。
提携している斎場の数が多く、希望の条件にあった斎場が見つかりやすい葬儀社です。ハイ・サービス日本300選にも選出。

親身で丁寧なサービスをすべて自社社員で行っているため、対応地域は東京・神奈川・埼玉・千葉のみに限られてしまいますが、この地域にお住まいの方はこちらの葬儀社に相談すれば間違いないでしょう。
斎場の相談、空き状況の確認、予約はもちろん、葬儀そのものの質も高いのですべてを安心して任せることができます。

おすすめの地域: 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

 

 

よりそうのお葬式


提携する葬儀社を紹介するサービス。
全国に使用できる斎場があるので、地方でのご葬儀におすすめ。

ただし、そのときに空いている斎場と葬儀社を使用するため、ご家族の希望する斎場が利用できない可能性も。
また、低価格の基本プランが目立ちますが、民営火葬場を利用すると6万円、民営斎場を利用すると最大19万円の追加料金が別途かかるなど、選ぶ斎場と火葬場によっては注意が必要。例えば、東京23区では民営火葬場が多いので、ほとんどの場合追加料金が発生することに。
それでもやはり、地方でも葬儀社探し、斎場探しができるのは助かります。
東京・神奈川・埼玉・千葉以外の地域での斎場探しなら、いちど相談してみると良いでしょう。

おすすめの地域: 全国(東京都・神奈川・埼玉・千葉を除く)

 

斎場を自分で予約することはできない?

葬儀社を通さず、個人が直接斎場に連絡して予約するのは、正直なところあまり現実的ではありません。

というのも、斎場側としても、葬儀社を介して予約してもらうことを前提としているため。個人が直接予約するのは、特別なケースとされます。
そもそも、個人からの予約も受け付けている斎場や火葬場は少なく、棺や霊柩車を手配したり、搬送や納棺も葬儀社の手を借りずに全て自分で用意することが条件とされていることも。もちろん、斎場の職員も手伝ってはくれません。

また、斎場によって予約方法が異なるのも、個人での手続きをおすすめしない理由。電話で仮予約をしたり、必要書類に記入してFAXしたり、直接斎場へ出向いて手続きや支払いが必要な斎場もあります。
予約したつもりが手続きの不備で葬儀ができない!となってしまったら大変ですから、よほど特別なご事情がないかぎり、斎場や火葬場の予約は葬儀社におまかせしましょう。

 

斎場、火葬場の休業日

斎場・葬儀場は友引も利用できるところも

斎場の休業日はそれぞれ異なり、公営斎場・民営斎場いずれも決まりはありません。
年末年始のみが休館日とし、その他は臨時休館を除き通常どおり開館している斎場もあれば、友引を休業日としている斎場もあります。

なお、友引は葬儀ができないというイメージをお持ちの方もいますが、仏式のご葬儀の場合、友引の日に行わないのは告別式と火葬のみ。お通夜は友引でも行うことができます。

 

火葬場は友引が休業日

一般的に、多くの火葬場が友引の日をお休みとしています。ただし、一部の火葬場は友引でも開場しています。
火葬場がお休みの日に告別式を行っても火葬ができないため、必然的に斎場は火葬場が空いている日に合わせて予約することになります。

 

斎場・葬儀場さがしは生前から始める

斎場の空き情報を確認する方法、予約する方法をご紹介しました。
この斎場を利用したいという希望がある方も、これから斎場探しをはじめる方も、斎場に直接ではなく、葬儀社への相談が必要になります。

お住まいの地域、ご葬儀を予定している地域別にご紹介したおすすめ葬儀社へ、生前のうちに相談しておきましょう。
自宅から近い斎場や、使用料金の安い斎場など、あなたの条件に合った斎場が見つかりますよ。

地域別!斎場の相談・予約ができるおすすめ葬儀社はこちら


おすすめ葬儀社




NHKガイアの夜明けで紹介
お葬式のむすびす
(旧・葬儀社アーバンフューネス)

葬儀の専門会社ならではの、丁寧で親身な対応が評判。
はじめてのお葬式にもおすすめ。